【GTF日記】MINI CHALLENGE Japan 32号車のラッピング作業の様子

皆さんこんにちは、ジオミック・テクニカル・ファクトリー(GTF)です。

この度は私たちGTFもブログを開設し、普段の作業内容などを紹介してまいりたいと思いますので、皆さんどうぞよろしくお願いします。

私たちは普段からMINIオーナーの皆さまにクルマの車検やメンテナンス、そしてカスタムパーツの取付けなどのサービスを提供していますが、今年から開催されている「MINI CHALLENGE Japan」では「#32 GIOMICレーシングチーム」のレースメカニックとしても参加しています。

MINI CHALLENGE Japan 32号車

「GIOMICレーシングチーム」として参加しているMINIのワンメイクレース「MINI CHALLENGE」は、12月8日の最終戦となる“第8戦 富士スピードウェイ”に向けてマシンの最終仕上げを行なっています。

以下の写真は、前回の第7ラウンドでアクシデントにより破損したフロントバンパーを新しいものに交換する際のラッピング作業の様子です。

フロントバンパーはFRP製ですので、今回は一部を修復しベースとなる造形を成形しました。こうしたエアロパーツの補修もGTFで対応可能ですので一般の方もお気軽にご相談ください。ラッピング前の画像です。

ラッピング作業は当社が契約する専門の業者が丁寧に張り込みします。ちなみに今回のフロントバンパーを含め、スポンサー各社のステッカーはサイズ及び貼る位置は全てレギュレーションにより指定されています。


約一日かけてラッピングを終わらせ、これで最終ラウンドに向けての準備は万全です。

12月8日の富士スピードウェイでの最終ラウンドが楽しみですね。良い成績を残せるよう頑張りますので、皆さま是非応援に来てくださいね!

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?